看護師ならではの自分磨き術

看護師は人の命を預かる医療スタッフであるため、ほとんどの現場で派手な髪型やメイク、おしゃれは許されません。
しかしそれでも、少しは女性としてきれいな姿でいたいというのが女心ではないでしょうか。看護師はおしゃれが原則禁止ですが、できる範囲で魅力的な自分をつくることはできます。髪をきれいにまとめながら、少しアレンジを加えたり、ナチュラルメイクを研究したり、持ち物でワンポイントおしゃれをしたりして、自分磨きをしてみてはいかがでしょうか。

自身をきれいに磨くことは、自信に繋がります。ぜひ職場の魅力的な同僚を観察して美のコツを掴んで、適度なおしゃれを楽しみましょう。

美容師から看護師にシフトした友人

過去に美容師として働いていた友人が居ました。
ある日を境にして看護の道に目覚めたのが容易に想像できて、看護師として生きたいと願う想いを強くしたのであります。長い年月を経て看護師になれたときに、看護師として働けるようになったことを、心から嬉しく思っていました。新たな職業で一からスタートを切ったことで、新鮮な気分で社会生活を送っているのがありありと感じられてくるのです。美容室で働き始めた頃のような初々しい気分を抱いているのが察せられて、可能性を紡ぎ出そうとする想いを強固にします。やり甲斐もより一層感じているようです。

しかし、看護師になったことで自分磨きがなかなかできないという話を聞きます。毎日多忙で、家に帰るとぐったりということがあるようです。せっかくの休みの日を寝て過ごすことになるのも納得です。美容師であれば毎日同じ時間帯に働くでしょうし、なにより美容関係の職業なので、お客さんも美容師の美意識を常にチェックしていることでしょう。そうなると、毎日お肌の手入れやおしゃれな服選び等、美を追求していくのです。

看護師になってから美に対する意識が薄れてくるのは仕方が無いことかもしれません。それでもキレイでいたい、美意識を高く持っていたいと思うのは素晴らしいことではないでしょうか。キレイであり続けたいという気持ちは、女性の永遠のテーマとも言えるのではないでしょうか。忙しい中でも自分磨きに力を入れ、自信を持って仕事をしてもらいたいものです。